紳士な僕はふんわり彼女の調教師 ロゴ

紳士な僕はふんわり彼女の調教師

なの

(デリヘル) TEL 059-327-7759
一目惚れ・・・///// 2020/10/28(水) 12:45
なの 写メ日記 10/28(水) 12:45
昨晩
私は見つけてしまった。
見て直ぐ
惚れてしまった・・・

DVDレンタルショップの
新作コーナー


『 サイコパス連続殺人犯たちの夜 』


あぁ・・・
なんて魅力的な・・・////
文字を読むだけで。
表紙を見るだけで。
ゾクゾク体が疼いてしまう・・・

御主人様I様 2020/10/28(水) 11:30
なの 写メ日記 10/28(水) 11:30
10月18日 日曜日


「 こんにちは 」
と返してくれた御主人様の声


“ 若そうでかっこいい声・・・ ”


壁を伝って中へはいる。
「 初めてで分からないんだ 」
少し戸惑っているのが分かった。
「 手を取って部屋の中へ
連れてって下さい 」
とお願いをして誘導してもらう。

服を脱ぎ捨て、御主人様に触れる。
サラサラの肌・・・
張りがあって温かい・・・

そのままベッドへ行く。
身体に軽くキスをして
媚芯に舌先を触れさせる・・・
唾液でびちょびちょにさせながら
舌でコリコリ転がせる。
手で探りながら、そのまま下へ・・・

御主人様の熱い肉棒。


あぁ・・・えっちな匂い・・・
愛しい・・・
興奮してしまう。


“ 頂きます ”
と言わんばかりに
喉奥までダイレクトに頬張る。
おぇっ!
と嘔吐く。
トロトロな唾液・・・
涙を流しながら
何度も喉奥まで突っ込む。


「 目隠しを外そうか? 」


御主人様がそう言う。
恥ずかしがりながら目隠しを外すと
涙目で御主人様の顔を見る。
再び喉奥まで肉棒を咥え嘔吐き、
ねっとりとした唾液を出す。
涙が溢れ出てくる・・・

手で擦り、
先っちょを吸う様に御奉仕をしていると
口の中に温かいミルクが注がれた。
口から出し、
にっこりと微笑んだ。

シャワーを浴び、
ほんの少し世間話を楽しむ
眠たそうな顔で一生懸命
喋ってくれている姿が可愛らしかった


??????????????????


初々しいおどおどした感じが
またドキドキして
興奮しちゃいました///
最初は人見知りもあってちょっと
焦っていましたが、
えっちな事をしていると次第に
緊張も少しずつ解けて
凄く楽しかったです♪


またいつかお会い出来る日を
楽しみに・・・

おはようございます 2020/10/28(水) 10:01
なの 写メ日記 10/28(水) 10:01
布団を2枚重ねてやっと温かい・・・

冬に近づいてるんだなと
しみじみ思う今日この頃

今日は体調があまり優れません。

早く元気になって紳士様方に
可愛がってもらいたいものです・・・

御主人様M様 2020/10/27(火) 10:00
なの 写メ日記 10/27(火) 10:00
10月18日

日曜日の真昼間
素っ裸の姿で御主人様に
会いに行きます。


こんなド変態の私を
愛して下さい・・・


“ ピンポーン ”
御主人様の部屋で微かに聞こえる
インターホンの音。
ガチャ、
とドアが開き部屋の中へと
招いてくれる。
中へ入ると早々にキスを交し
抱き合う・・・

密着していた体と体は離れ、


「 乳首を舐めなさい 」


視界が奪われている為、
指と舌先で探し回る。

( 見つけた・・・ )

唾液でビチョビチョにしながら
唾液と一緒にジュルジュル
吸ってみたり、
また出してねっとり媚芯を舐め回す。

御主人様の前で跪き、
また顔で肉棒を探す。
先っぽにキス・・・
肉玉の表面を舌先で舐め、
片方ずつ口の中で優しく転がす。
筋を舌先でなぞり
肉棒を咥え
唾液をしっかりと含み、
じゅぼじゅぼと音を立てる。

ローションを手に取り
御主人様の肉棒をコーティングする

まるでフルーツ飴の様・・・
上に乗っかり、
性器同士を擦り合わせ
同時に媚芯を舐める。

御主人様の上から降りると、
仰向けに寝転がり足を広げる。
媚芯を抓られ、
手が身体を伝い女芯に・・・
ローションでヌルヌルになった膣に
何の抵抗も無く指が入ってくる。
激しく動かされ
乱れ卑声を上げる。


「 痛くないか? 」


唐突なアメ。
“ こんな優しい面もあるんだ。 ”
と思った矢先、


「 乳首を舐めなさい 」
「 服従しなさい 」


アメとムチの激しさにも
興奮してしまう・・・

媚芯を舌先で愛撫し、
手で擦りながら先っちょを吸う様に
御主人様の肉棒を頬張る。


んぐ・・・っ!?


口の中に飛び散る熱い飛沫。
御主人様からティッシュを頂き、
口から出した。

幸せの余韻に浸る。
僅かに口の中に残ったミルクを飲み込み
身体中に染み渡るのを感じながら・・・


??????????????????


えっちな事をしている時と
お喋りをしている時と
ギャップがあって、
それもまた良かったです♪*°
お話をしていて
本当にいい方なんだなと
しみじみ心の中で思ってました
楽しい時間を
ありがとうございましたっ


またいつかお会い出来る日を
楽しみに・・・

♪ おはようございます ♪ 2020/10/27(火) 09:30
なの 写メ日記 10/27(火) 09:30
朝方も夜も
肌寒くなってきましたね
布団から出るのが億劫です・・・。

ところで、

諸事情により
少しの間お休みをさせて頂きます



また出勤した時は
沢山可愛がって下さいね・・・///

夢の中へは入れなかった様だ・・・ 2020/10/25(日) 07:00
なの 写メ日記 10/25(日) 07:00
おはようございますっ!
目が冴えまくって
オールをしてしまったNaNoです

ゲーセンに行き
お菓子を取りまくって、
カラオケで
歌いまくって、
今現在でございます

流石に寝なくては・・・
戻ってきたマイブームである
“ 咀嚼音 ”
を聴きながら眠りにつこう。

夢の中へ 2020/10/25(日) 00:00
なの 写メ日記 10/25(日) 00:00
御主人様は
どんな1日でしたか?
NaNoは
何にもしないボーっとした
1日でした。(笑)

何もして無くて疲れて無くても
眠気は来る。
今日はどんな夢に出会うかしら・・・
生まれてこの方怖い夢しか見た事が
無いんですよね
もう、ここまで来てしまうと
怖い夢でさえも何だか
楽しみになってしまいます♪

ではでは
御主人様
おやすみなさいませ・・・Zzz

御主人様K様 2020/10/24(土) 21:15
なの 写メ日記 10/24(土) 21:15
10月14日 水曜日

ワンピース中は素っ裸。
昼間の明るい時間に
いやらしい格好をして
御主人様の元へ向かう・・・

インターホンを鳴らし
ガチャ、
とドアの開く音が聞こえる。
手を差し伸べ
御主人様に手を取ってもらう。
玄関へ入り
緊張する間もなく
御主人様の唇が私の唇に触れた。

トロけてしまいそう・・・

御主人様の身体をなぞり
タオル越しに肉棒を優しく触る。

興奮してきた所で部屋へ向かい、
ベッドへ横たわる。
再び熱いキス・・・

誰に指示された訳でも無く
自分の意思で足を広げている・・・
御主人様の柔らかな舌先が
胸。
乳首。
お腹。
太もも。
そして・・・
膣の周りを優しく舐められ雛尖へ。
余りの気持ちよさに
体がビク付く・・・

卑声を上げ乱れていると
御主人様の指が膣に入ってくる。
膣も
身体中も
乱れさせてくる御主人様。


今度は自分が上になり
舌先で体をなぞり
乳首を探す。
唾液でびちょびちょにさせながら
舌でペロペロしたり
吸ってみたり・・・
徐々に下へ下へと移動し
御主人様の肉棒を見付けると
おもむろに頬張る。

先っちょにキス・・・
筋をなぞる様に舐め、
肉棒を咥え
じゅぼじゅぼと音を立てる。
普通に咥えたり
喉奥まで入れて嘔吐いたり
メリハリを付けて
御主人様の肉棒を堪能する。


「 目隠し取ろうか 」


御主人様はそう言ってきた。
目隠しを取り、
恥ずかしそうに微笑みながら
御主人様と初対面する。
御主人様は私の顔を見るなり
“ 自分のタイプの顔だ ”
と言ってくださる
目隠しを外して顔が見えると
緊張でイけないかもと仰っていた
御主人様。
勢いよく手で擦りながら
先っちょをじゅぼじゅぼ吸っていると

“ イきそうっ・・・ ”

その一言でより興奮してしまう。
そのまま続けていると、
口の中いっぱいに御主人様の
熱いミルクが注がれた。

これこれ・・・
これを欲していたの・・・
と心の中で呟きながら
幸せの余韻に浸った。





自分に自信が全く無いので
“ タイプの顔 ”
“ 可愛くて緊張する ”
と何度も褒めて下さって
物凄く嬉しかったし、
少し自信にもなりました
残りの時間での
今と昔の男女のお金事情(?)
のお話も面白かったです♪

またいつかお会い出来る日を
楽しみに・・・

御主人様K様 2020/10/24(土) 16:15
なの 写メ日記 10/24(土) 16:15
10月14日 水曜日

まだ外は明るい
セーラー服姿の私は
御主人様の部屋の前に居る。
インターホンを鳴らし
ガチャ、
とドアの開く音が聞こえる
手を差し伸べるが


手には何も触れない・・・


視界が塞がれて何も見えない中
おどおどと周りを探ってみる。
しかし、
やはり御主人様が居ない。


すると
「 こっちこっち 」


御主人様の声が聞こえてきた
手を取ってくれない御主人様は
初めてだ・・・
必死に壁を探し、
段差が無いかちょこちょこと
足を進めながら恐る恐る
部屋へと入る。

( ふぅ。一安心。 )

安堵していると
膝立ちをさせられ
髪の毛を捕まれた・・・
目の前に肉棒があるのが気配で分かる。
洗脳された様に口を開くと


んぐっ・・・!


喉奥まで肉棒が侵入してくる。
嘔吐き必死に抵抗するが、
頭を掴まれてビクともしない。
口からネトネトした
唾液が溢れ出てくる・・・

お口を堪能した御主人様は
私を連れてベッドへ向かう。

騎乗位で乳首を抓られ
悲鳴を上げる。
痛い・・・
痛すぎる・・・
でも何だかおかしい。
この刺激が良いのか。
自分でもよく分からなくなっている。

疲れている暇もなく
御主人様に御奉仕をする。
じゅぼじゅぼ
音を立てながらむしゃぶり付き
擦り服従する。


すると、
ドピュっ!
とミルクが弾けた。
トロトロな
エッチな
御主人様の・・・


終わりの鐘が部屋中に鳴り響き
急いでお互い身支度をし、
帰り際に御主人様からスイーツを
頂く

「 ありがとう! 」

とお礼を言ってお別れをした




初めての
40分お試しコースでした
手を取って下さらなかったのは正直
“ えっ。取ってよ! ”
と思っていました。(汗)
でも、
気さくに喋ってくれて優しい方でした
スイーツも
本当にありがとうございます♪
むさぼれと言われたので
むさぼりましたっ!
ごちそうさまです

またいつかお会い出来る日を
楽しみに・・・

御主人様T様 2020/10/24(土) 15:30
なの 写メ日記 10/24(土) 15:30
10月12日 月曜日

肌にまつわる風の冷たさに
深まり行く秋を感じる夕暮れ

ナース服に身をまとい
今御主人様の部屋の前に立っている。

ガチャ、
とドアの開く音と共に
御主人様に手を差し伸べる。
手を取り、
“ 待っていたよ ”
と言わんばかりの熱いキス・・・
体を密着させ
お互い食べ合う様に口を動かす。

手を握り、
足先で床を探り、
片手で壁を探し、
立ち止まる。


「 手を組んで腕を上に挙げなさい 」


御主人様に言われるがまま
ゆっくりと従う。
手首に巻き付く布・・・
そして首に巻き付いてきた。
腕を動かせば首が締まってしまう。


こんなの初めて・・・


そのままソファに座り足を開く。
ご主人様の指先が
女芯をなぞり、雛尖へと触れる。
体をビクつかせていると

・・・っ!

さっきとはまた違った刺激。
愛しい・・・
大好きな御主人様の舌先・・・
自分も舌を出しながら卑声を出している

ベッドへ向かい横たわると
再びキス・・・

足を広げられ。
御主人様の指先が身体中を伝う。
膣を舐め回され
狂った様に卑声を上げる。
御主人様の肉棒・・・
愛おしい・・・
物凄く欲しているの・・・
頭の中はいやらしい事でいっぱい。

御主人様の肉棒を頬張り
じゅぼじゅぼ
と音を立てながらじっくりと味わう。
咥えているだけなのに
勝手に声が出てしまう・・・

すると、
口の中に熱い砲弾が
喉奥を目掛けて弾け飛んできた。
苦い・・・
でもどこか甘い・・・
口からドロ・・・っと出し
少し眺めてから
ニコっと微笑んだ

御主人様から飲み物を頂き
飲みながら幸せの余韻に浸った




また私を選んで下さるとは
思っておらず
凄く凄く嬉しかったです
前に出来なかった拘束も出来ましたね♪
私の体験した事の無い縛り方で
興奮しちゃいました・・・///
会う度に飲み物も
本当にありがとうございます
お気遣いの出来る優しい
正に紳士様ですね


またいつかお会い出来る日を
楽しみに・・・

 OLD »


1/2|3|4|5|6/7

▲ページTOP

グループ店一覧
縛られた僕は、極上な痴女たちの性奴隷 縛られた僕は、極上な痴女たちの性奴隷 ロゴ
【出張M性感】男性には受け身になっていただき時間いっぱい女性から執拗な責めを楽しんでいただくお店です
紳士な僕はふんわり彼女の調教師 紳士な僕はふんわり彼女の調教師 ロゴ
【即プレイ専門店】女性にご奉仕させる、女性を調教することに性的興奮を覚える男性のためのお店です。